2019年度 一般社団法人

沼田青年会議所

Junior Chamber International

NUMATA

HOME

25

Fri

Jan

2013

事業報告 40周年特別委員会

40周年特別委員会

委員長 市原 康礼

事業目的

当委員会では、(社)沼田青年会議所創立40周年にあたり、輝かしい歴史を築いてくださった先輩諸兄や、これまでの歩みを支えてくださった地域内外の皆様に感謝の気持ちを示すとともに、「地域のよりよき発展」「より明るい豊かな社会」の実現は我々若者の肩にかかっているという創立時からの熱い想いを、メンバー全員がもう一度強く持てるような記念式典・記念誌の発行を行います。

また、社会情勢や地域を取り巻く環境が大きく変化する中、創立からの「変わらぬ想い」を実現していくためには「変わらずに生きてゆくためには、自分が変わらなければならない」という言葉があるように、われわれ自身にも変革が求められております。そこで「変えてはいけないこと」「変わらなければならないこと」を明確にし、長期計画を未来に向けた飛躍への道標として策定致します。

様々な事業を通して当会議所の歴史を振返りつつ、創立以来の変わらぬ想いを胸に新たな一歩を踏み出す為の事業を展開致します。

事業報告

1月18日    40周年記念式典・祝賀会PR(新年会)

2月 4日    40周年記念式典・祝賀会PR

(群馬ブロック協議会第一回全体会議懇親会)

3月23日    3月第2例会「僕らの長期計画」

(商工会館大ホール)

6月23日    40周年記念式典・祝賀会PR

(群馬ブロック協議会会員大会)

7月17日    40周年記念式典・祝賀会PR

(伊勢崎JC・太田JC・安中JC)

7月19日    40周年記念式典・祝賀会PR(前橋JC)

7月24日    40周年記念式典・祝賀会PR(おおらかJC)

7月25日    40周年記念式典・祝賀会PR(高崎JC)

7月26日    40周年記念式典・祝賀会PR

(会員会議所会議 前橋)

7月28日    40周年記念式典・祝賀会PR(桐生JC)

8月 1日    40周年記念式典・祝賀会PR(渋川JC)

8月 2日    40周年記念式典・祝賀会PR(藤岡JC)

8月13日    40周年記念式典・祝賀会PR(館林JC)

9月 1日    9月第1例会 創立40周年記念式典・祝賀会

(ホテル・ベラヴィータ)

10月 6日    10月第1例会 創立40周年記念事業

「劇団・夢への架け橋」第6回公演にて

プレゼント配布(利根沼田文化会館)

12月22日     創立40周年記念誌 発刊

第7期長期計画 発表

委員会開催数  28回

スタッフ会議   6回

PRキャラバン 14回

総評

当委員会は(社)沼田青年会議所が40周年の節目の年を迎えるにあたり輝かしい歴史を振返り、創立以来の「変わらぬ想い」を胸に新たな一歩を踏み出していく為の原動力となるべく様々な事業を展開致しました。スタートにあたって掲げた40周年スローガン「40年目の開拓魂 フロンティア・スピリット」は感謝の気持ちや使命感、その他の様々な想いが凝縮したものです。

そのような想いを持って開催させていただいたのが創立40周年記念式典・祝賀会です。開催にあたっては現役メンバーだけでなく、シニアクラブの諸先輩方にも大きなサポートをいただき、現役・シニアの枠を超え、沼田青年会議所として節目の一日を迎えることが出来ました。当日は多くの来賓の皆様を始め300名以上の出席者の中、輝かしい歴史を築いて下さった皆様に感謝の気持ちをお伝えするとともに、新たな門出を盛大に祝うことが出来ました。また開催後、先輩方や県内の仲間から「沼田らしい良い式典・祝賀会だった」との言葉をかけていただけたことは、これ以上ない嬉しい言葉でした。

記念誌の策定にあたっては委員会メンバーだけでなく入澤君を始め多くのメンバーの協力をいただきました。編集作業を進める中で多くの写真や資料に触れる機会をいただけたことは大変貴重な体験となりました。今まで以上に写真を多く使い、より事業の雰囲気が伝わりやすくなるよう心がけましたので、思い出を振返るだけでなく事業を振返る資料としても役立てていただけたらと思います。

第7期長期計画に関しては、時代がめまぐるしく変化する中、事業を行うためのタイムスケジュールとしての役割から、迷った時に立ち返る運動の指針へとその役割が変わってきています。計画の中で記した「自慢のまち」というキーワードには「明るい豊な社会」を実現するためには、地域に住む私たち自身が故郷が大好きで、その想いを自らどんどん発信したくなることが何よりも大切だという想いが込められています。みんなが進んで故郷自慢したくなるような事業を是非展開していただけたらと思います。

最後に沼田青年会議所と同級生の私たち卒業生が様々な形で、この節目の年に携われたこと、また多くの素晴らしい仲間や先輩方に恵まれてJC生活を全うできたことに心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました